空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

ちょい...

f:id:rebellion0dhisutopia:20170401224602p:plain

通知来たと思ったら、バグか!?
同じ通知来すぎやろ(;´ω`)

細胞が

日本人形の髪が伸びるという話の裏は、

切った髪の細胞がまだ生きてるから。

という話を前に読んだ覚えがある。

 

トカゲの尻尾も似たようなものだろう。

 

だとしたら、脳が死に、心臓が止まり、

細胞の末端までが死ぬ(細胞の分裂停止)事により、本当の死かもしれない。

もし、

人類が滅亡して、

動物の野生化した世界でもう一度、

人類またはそれに近い何かは生まれるのか?

 

ピノキオ

木の人形のピノキオ。

ではあるが、ピノキオの話じゃない。

 

脳の電気信号を分析して、

知らない知識をインプットする。という記事を見つけた。

 

人の脳の電気信号を分析すれば、

攻殻機動隊の電脳化の世界も近いうちに実現するかもしれない。

 

そこでふと思ったのだが、

脳の電気信号を分析したものを

脳死とはんだされた人にインストールしたらどうなるのかという事だ。

 

ハーモニー(著:伊藤計劃)

の作品の様に、自我のない世界...

 自明によって行動する世界となる。のか?

 

それとも、そのまま脳死のままなのか。

 

脳死については、

同じく伊藤計劃虐殺器官

ラヴィスの母の死の話のところを引用すれば、

どこまでが死んでいて、

どこまでが死んでいなくて、

どこが意識なのかという事だ。

 

もし仮に、脳死でも、

代わりの電気信号を外からインプットできれば、

まさしくピノキオ...いや、

マリオネットと言うべきか...

人を操ることが出来る。かもしれない。

 

そして、死者も...屍者として...

これは無理か。

たとえ、電気信号が通ったとしても...?

フランケンシュタイン...?

 

フランケンシュタインは生者の脳で屍者として蘇る?

そんな実験があったとか無かったとか?

 

伊藤計劃さんと、円城塔さんの作品

屍者の帝国の終盤、

生者に擬似霊素を書き込む。

というところだ。

 

もし、脳死した、脳に電気信号をインプットして屍者の帝国の様に

擬似霊素(電気信号)を書き込む事が出来たなら、

人は、生きながらにして兵器を量産し、

捨て駒...玩具のように出来るのかもしれない。

 

 

だが、肉体は滅びる。

そこだけは変わらない。

攻殻機動隊の話のように身体を機械として

作り替えたなら、別の話だが...

 

今日はここまでとしよう。

 

ん?

人は過去に向かって歩いてる...?

 

違うか。

 

うん?違うか

ドラえもん(タイムトラベル追記?)

ドラえもんの1話目は

未来からセワシ君とドラえもんがやって来て、 

のび太の運命を変える事。

 

この時点で、

α→αではなく、

α→α´に変換させているのだと思う。

 

でなければ、セワシ君の未来も変わり、

のび太の居るところには来ないのではないだろうか...?

 

多世界的解釈...でいいのか?

 

もし、仮にα→α´になるとしたら、

(αが消滅する)上書き。

(選択しなかった過去の話と通じるものがある。)

 

αとα´の両方が両立するとしたら、

パラレルワールド(?)に行った。

 

という仮説に行き着くのだが...

 

あの時、最初に来たセワシ君がα´のセワシ君だとしたら、

選択しなかったもう一つの過去の記憶も保持している事になる。

 

上書きか、個別保存か

どちらになるのだろう...?

 

イタチごっこだな。少し頭を冷やそう。

人間の脳

 タイトルとあまり関係ないかもしれないが、

もし、

この世界が自分の脳内で作られているとしたら。

 

人間の脳は約10パーセントしか機能していない。

なら、もし機能していないほかの部分が

別の場所で機能していたとしたら…?

(自分の認識している意識の外で)

 

いわゆる魂というもの。

意識の集合体。

大元。

機能していないとされている部分。

これが、

何らかの形で一つの集合体として世界を形作っていたら?

 

電脳世界で作られた世界だとしたら?

 

今はこれ以上浮かばない。

また何か思いついたら書いていこう、