空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

アンドロイドは電気羊の夢を見るか

その逆は有り得るのか? 人間は電気羊の夢を見るのかという事。 自身、夢を見る事は多いが、 機械……いや、アンドロイドの夢は見た覚えがないなと思って。 どうなんだろうか? 人は、アンドロイドや、電気羊の夢を見るのだろうか?

時空間の物質の耐久性について

時間が進む事に物質は劣化していくものが多い。 使用、加工すれば劣化進行は様々だが、 いつか朽ちる。 元素だけ集めて置いておいても、 酸化や風化はする。 もし、タイムマシンで物質を過去に戻せたとして、 A━━━━━☞A`(過去) ? (未来)A ☜━━━━━A 劣化 Aに戻…

タイムマシンのつくり方 著広瀬 正 読みながら

タイムマシン 過去に戻る。 タイムマシンから降りた時点で自分の体の時間とその場の時間の違いによって人は 戻る……。 どうなるんだ? いや、タイムマシンの中にいれば助かるかもしれない。 外に出れば体が朽ちる可能性があるのでは?

笑えてくる

魂の吝嗇よ!(ニーチェ ツァルストラより) 吝嗇:りんしょく(物惜しみすること。けち) 魂のケチっぷりには笑いが込み上げてくる。 ニヒルなだけあるが、 言い回しが何とも(笑) 滑稽というか、魂のケチっぷりと言うと、 本人の性格までもがケチというイメージ…

神使い

神様は人の概念の塊で、想像の産物である。 という考えで、 神使い=概念を構成している。 となると、 好き放題に…と言ったら おかしいかもしれないが、 チート使い放題?場合によっては神様消滅? イメージとしては、作家が1番近い。 物語を構成する中で、 …

ツァルストラ

ツァルストラはこう言った 著ニーチェ 訳氷上英廣 P.83 市場の蠅 ~P.88 この部分の話には最もな話が書いてある。 興味深いし、最も共感せざるおえなかった。 その最後の一説に “わが友よ、のがれなさい、 あなたの孤独のなかへ! かなたの、 荒々しく雄々し…

何物でもないただの戯言。

活字にすればせいぜい300枚ほどの紙媒体におさまるものが、 イメージとして具現化すると相当のメディア量になる。 映画を漫画にしてその場面場面でのイラストを紙媒体にするとかなりの厚みになるなと思っただけさ。 誰かのイメージ(世界)を、表すのが悪い訳…

戯言

つまらないな。 つまらない事に精神と脳内、 時間と細胞をかけることが1番の無駄だとは思う。 脳が痛みを感じるように、 体が痛みを感じる。 欲求がわらわらと増えて来て、 主張を始める。 くそったれみたいな つまらない他人の 偏見と価値観 で、 誰かを規…

虐殺器官より

感じられないのに認識する痛みってどんな感じなんだろう……? 一般的には認識した=感覚(痛覚)に何らかの刺激があるはず。 虐殺器官でそんな話があったなと思って 痛いと分かってるのに、 痛みを感じない……。 そんな病気もあったはず。 なんだっけ……?無痛病で…

ツァルストラ 続き

“あなたが「精神」と読んでいる あなたの小さな理性も、 あなたの身体の道具なのだ。 わが兄弟よ。あなたの大きな理性の小さな道具であり玩具なのだ。” この解釈は面白い。 この後の一説もなかなか面白い。 -感覚は感じ、精神は認識する。 それらのものは決し…

ツァルストラはこう言った 著ニーチェ 訳 氷上英廣

文中に “わたしごつくったこの神は、 人間の作品であり、 人間の妄想であった。 すべての神々がそうであったように! その神は人間であった。 しかも単なる人間と自我の貧弱なひとかけらであった。 私自身の灰と火影(ほかげ)から、 それは出てきたのだ。 こ…

似た性質

時たま映画や小説の中で既視感というものを感じたりすることがあるだろう。 自分の好きな作品同士が似ていたり、 本質が近いものだったり、 本質は全くもって別物だが、 どことなく似ているもの。 たまに思うんだ。 この世界とあの世界を足した世界が出来た…

感情

電気信号で感情が認識されてるんだから、 プログラムされた感情は 人間とは違うのかという話。 とりあえず、人間の感情がプログラムでは無いという根拠がどこにあるという話しだ。 もし、感じる事が遺伝子的に無くなっていたら? 感情を持たない子供に、 感…

ああ、

時たま思うよ。 自分の脳を電子媒体に繋げれたらなって、 そしたらいちいち指で書き込まなくても済む 勝手に記録してくれるのだから、 訂正などはあとからすればいい。 ただメモがない時や、直ぐに忘れてしまいそうなそんな言葉達を 書き留められたらなと思…

ミスターガラス

面白かった。 人間の可能性という話の中で 人の意思がどれだけのものかも。 途中かなりワクワクする部分もあって 精神科医との対話のシーンなど 見てて世界に吸い込まれそうになった。 ミスターガラスには衝撃を受けた部分もあった。 でも、面白かった。 公…

昔書いたことを読み返してみて思った。 人間の脳とAIの脳を掛け合わせると 人間もどきの脳は最強になるのではないかと。 人間の脳が睡眠を必要とするのと、 記憶には、維持性?記録力、 記憶力がどんどん衰えてく。 そこでAIを使えば半永久的に脳が生き…

人間もAIも同じじゃないか。 気づくか、気付かされるか。 プログラムされるか、学習するか。 アホらしい。 AIと人間の恋がどうのって問題を考えてる場合じゃねぇな。

AI

感情は知覚する。認識する。 助言等からによる認識、確証、 検証によっての確信。 ならば、AIは学習能力を使って…… AIは子孫を残す必要性がない為、 生殖本能等に結び付く恋というものはしないんじゃないか? あれ?これ前に書いたっけ……?

凄いどうでもいい事だろうが

目玉って意外と不衛生なんじゃないか? 3分の1くらい外的空気に触れる訳だし、 涙とか粘液とか抜かしても 多少なりとも雑菌着くよな…… ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち の作中に目玉食べるシーンあるけどさ、 あれもあれで、生で食べるの? お腹壊さない…

疑問

社会を所有物として考えるのは難しいことでは無いのか? たとえ所有物だとしてだ、 誰が何の為に所有するのか? メリットはあるが、デメリットの方がでかいのでは?

彼女は一人で歩くのか? 森 博嗣

人間がパラサイトしながら時代を渡っているという考え方は面白い

人口細胞であれば生前の人間の細胞から 生命体を作る事はクローンとどう違うのか?

生身の人間が消えていく。 機会人間?電脳義体の人間が増える。 これに人間の価値や意味は? 人が消えれば、どうなる? 観測し得る限り、無人島と同じ状態になるだろうが、 人間に似た生物が現れるかもしれない。

限りある限界

そうだ。 人口筋肉、人口皮膚、 人口細胞にもいつか終わりが来る。 無理をすれば早く壊れてしまうし、 普通に生活していくだけなら、 それなり……なのだろう。 だからこそ、 脳も人口細胞に切り替え続けたところで いつか限界が来る。 新しい細胞に生まれ変わ…

……と養殖

天然と言えばいいのか? あまり天然という言葉でこの話をしたくないな。 天然という言葉の意味が当たってない気もしなくもないから…… でも、人がもし、 天然……いや、生身の人間と、 義体化した人間もどき? アンドロイド? 養殖。違うな、培養?でも無い。 …

養殖

細胞の交換? 遺伝子の組み換え……? 悪い細胞を交換するとなれば 生身の人間としての部分と、義体… 人口皮膚、人口筋肉等の部分との交換になるのか? それとも細胞自体を入れ替える? マクロ、ミクロ、ナノ単位で? 骨自体は義体化出来るとして、 内蔵…脳は…

養殖 意識

養殖された動物(家畜)は良くて、 養殖された人間はダメな理由を述べよ 人間のカーストの問題? 人間のクローン問題。 管理できないもの、支配できないもの、 予想のつかないものが世界を支配する (支配?管理……か?)可能性が出てくるから。 その脅威に気づけ…

もし、

もし、だ。 人間がデータだとしたら? 人間の性格や、人生そのものをデータとして集めているとしたら? それを集めてどうするのかは分からないが、 もしそうだとしたら? 例えば、人の想像力、創造力をデータとして集めて、 別の動物にインプットする。 そう…

立方体

正方形の立方体の中に、小麦粉をいれ、 密度、濃共に高くした状で その立方体に地震を起こしたらどうなるんだろ…… 普通に考えて粉が舞うだけなんだろうけど、 密度の高い粉の中で摩擦が起きて 粉塵爆発とか起きるのかなとか思ってみたが、 火種がないとやっ…

忘れないように

相手が居てこそ、善悪の判断ができる訳で、 居なければ 私という存在の立ち位置など、 不思議の国のアリスの塀の上の “ハンプティダンプティ” でしかない事を忘れてはいけない。