空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

メモ

忘れないように

相手が居てこそ、善悪の判断ができる訳で、 居なければ 私という存在の立ち位置など、 不思議の国のアリスの塀の上の “ハンプティダンプティ” でしかない事を忘れてはいけない。

文字に対する他愛もない戯言。

たまに思う。 人は底の知れたつまらない会話ではなく、 知識を高める為に……? いや、 言葉を交わす為の討論 (……でいいのだろうか?) という存在が必要となること。 だから活字の海に心を求めに行くのだろうか? 人は孤独だ。 孤独故に、人なのだ。 言葉が確…

u

あぁもう、 なんで女性ってやつはこうも話してないといけない生き物なんだ! いや、すべての女性という訳では無い。 中には男性の方がうるさいという時もある。 たまに思うんだ。 読書しているやつの隣のテーブル席が空いています。 そこに座って ぺちゃくち…

音からのイメージ

Youtubeでアファメーションという よく分からない自己暗示の様な動画を聞き流しながら思った。 信じれないのなら、 見届ける側になろう。と、 何となく、動画を聞き流しながら 1人は私。 もう1人が目の前に居て、 両手をを広げながら待っている。 ( 信じられ…

未完

比較対象があるから、 存在の認識が出来ることは分かる。 だが、 そこで価値を決めるのは早いのではないか? と思ってしまう。 役職に価値があっても、 その人が偉い訳ではない。 責任が伴ってるから、 (その責任を負う義務や、価値が伴うから) その人が上の…

ブラックホール、パラレルワールド

もし、ブラックホールがない世界があるとしたら? 宇宙が出来ないかもしれない…? ただの仮説。 ブラックホール外周のエネルギーが 小惑星同士を引き寄せ、 衝突させてる役目とすれば、 惑星を作っているのはブラックホール…? ん? 違うか…。 エネルギーを(…

疑問

殺さずに生きることは可能なのか? いや、そもそも、原子とかに意識を持たすとどんな反応になるのかが気になる。 集合体としてなら色々と…?でいいのか? 生物、無機物、その他諸々あるだろうが 意思疎通出来るかは無視して、 原子同士がくっついて うんたら…

自由特製理論

“自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義” という本がある。 その中の一説、 “自分は複数の自分で構成されている” とある。 時たま思う事はないだろうか? 自分の中で感情というものが1個人 (自分の分身と言えば分かりやすいだろうか…) で役割分担を…

戯言

時たま文面から色?のような、 感情の色?雰囲気的な物が見えると言ったら …らは、笑うだろうか?

戯言

言葉は雄弁だ。 だがしかし、 伝え方ひとつで訥弁…じゃないな ただの単語の羅列になってしまう。 言葉が繋がって文面になる。 文面になるから、書物になる。 書物になったら、誰かの物語になる。 誰かの物語は、何になるんだろ?

煌夜祭 多崎礼

語り部の物語。 すごく引き込まれるし、 朗読会でも開こうかなんて思ってしまうほどの作品。 この時間帯だ、 最後まで読むか迷ってるのだが 語るならば一言だけと思い、 ただ、ただ言葉を走らせる。 もし、自分がどちらかの立場、 この場合、 語り部か…物語…

もし、

人が意識してるこの世界が、 システムの1部で誰もが自明で生きてたとしたら? この考えさえシステムコードのひとつで、 オルガニートの様なもので出来てたとしたら? 僕らは五線譜カード 演奏者は誰? オルゴールの取手を回すのは誰? きっとそれは、 僕らの…

命に嫌われている

なんて曲があるだろ? まずさ、 生命?命?に意識かあるんだろうか? なんて考えてしまうんだ。 だってさ、人間や動物に意識があって、 植物にも、伝えるすべはないけど、 言葉をかけ、一生懸命世話をすればそれなりに応えてくれるだろ? それと一緒で、 人…

ホームワーク?ちがうな。

井の中の蛙大海を知らず。 井の中の蛙、どんぐりの背比べ。 どんぐり、重箱の隅をつつく。 重箱、その責務の放棄。…? 重箱の責務は? 重箱は重箱であってそれ以上でもそれ以下でもない。 それゆえ重箱に対して? 重箱が負う責任はないのでは? 重箱は重箱だ…

落ちずに回り続け、飛び続け…

球体の外側を落ちていけば、 永遠に、落ち続け、回り続けることが出来るのではないか? 伊藤計劃さんの作品、“harmony” 作中 御冷ミァハの言葉より さて、ここでQ: 人間は一生どこかから落ちなければ、 落ちるということを知らないまま死ねると思う? と言…

サブリミナル…ねぇ。

何をやっても上手くいくというのは、考え方の違いじゃないだろうか? ある事をやって失敗した。 だがそれを学んで良かった←ここにたどり着いたから失敗しても 失敗してないというポジティブ過ぎる考え方。 失敗したが学べる。 その為に失敗する。 学ぶ為に失…

変わる変われ。

視点を変えれば見えるものが変わる。 でも、嫌いな人への先入観というか、 この人はああいう人なんだ。 と、いちど認識してしまうとその考えからは抜け出せない。 そして、 その人から受けたものがどんどん積もっていくと、 やがてその人への信頼も、尊敬も…

夢の話、

素敵な展示会の夢を見たんだ。 バルコニーに色んな植物が置いてあるような感じ。 壁には鏡、その手前に1本の木 そして、一人の女性の石像。 ここまでは何ら変哲も無い、展示会で、 綺麗だなと思う。 カメラを取り出し、 写真を撮る、 何枚か撮ってから異変が…

アンドロイドにとっての脳とは?

機械部品の1部か? それともそれを動かすシステムか? 電気信号? 形のないもの? コア的なものか? 人にとっての脳は頭蓋骨に守られた肉塊。 なら、アンドロイドは? システム? 文字の羅列? プログラム? なんなんだろう…

ミキサー

人は自分の脳をミキサーにかけることが出来るか? または、 アンドロイドは自分の脳をミキサーにかけることが出来るか?

独り

人間が完全的に1人になるには、 死ぬ事しかないだろうと思う。 1人だと言うならば、 山の中、水の中、 1人の部屋と考えるのが当たり前なのだが、 独りとなると、 誰かがその場所、空間に入る事もなく、 ただ独り、誰にも監視されず、干渉されず、 自分の身ひ…

意識の重要性

選択する自由が無くなれば、 人は無意識の… 意識の無い人形だ。

遺跡の声

面白そうな作品。 SFなのに、考古学じゃないのか? という疑問を持ちつつ、 あ、SFだ。と納得させてくれる作品。 冒頭部分しかまだ読んでないが、 クローンの話とか出てて楽しそう。

何とわなしに

Androidに人権は必要か? 前提か間違っている気がする。 そもそも、 Androidとは人間の作った 人間らしい考え方の集合体で、 それを人間として捉えるか、というのが最初の疑問ではないだろうか? 人間はずるい。 自分達には人権、人権言うのに、 動物や、植…

飛べる。

答えは出てる。 だがまだ足りない

仮説

もし仮に、 今見てる世界が夢で、 実は培養液の中で生かされてるだけの私達だとしたら? 私は生きてるのだろうか?

突如として頭に浮かぶ言葉

もし、もしだ。 人間の脳がラジオや、 受信機のような役割を果たすとしたら? たまに言葉が浮かんできたり、 何かを感じ取ったりする時があると思う。 そこでふと思った。 人の脳が受信機で、脳内電波、 もしくは電気信号、微弱な電気...電波?的なのを自分…

得る。そしたら飛べる。

片方を得られなければ、 もう片方を知る事はないだろう。 両方を知れば、 どちらの良いところを取り入れる事が出来るはずだ。 自らが体験せずとも、 他者の歴史に学べることは多いはず。 読書は他者の作り出した文字列をなぞるだけ という人もいると思う。 …

戯言。

他人が他人の何を語ってるんだ。 そいつ自身、自分を分かってないのに 他人が語れる事はただの見解の集合体でしかない。 そこから自分の認識と、存在構築が始まる。

書留

そこで怒ったらそいつと同じレベル。 会社の人と話しててそう言われたら 最初は納得できなかった。 でも、何となく納得した。 あ、そうだ。そいつと同じになりたくないと思ったからだ。 自分は自分である以上、他者は他者。 鏡であり、反面教師。 そうだった…