空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

メモ

メモ

言葉で覚えてるのか、 言葉のイメージで覚えてるのか

知っている ということについて

認知して、1度はインプットしたのだから 忘れた事を思い出したのは 元々知っていた情報のひとつと考えるべき…… いや、もっと単純に 引き出しに入れた。と、考えるか。 思い出した=引き出しから取り出した。 1度は知った。 でも、忘れたなら知らなかった。 忘…

思考実験より

脳が入れ替わった時 片方の人が例えば、 卵アレルギーを持っていたとする。(aさん) 卵アレルギーを持っていない(bさん) aさんの脳 bさんの体 仮にA" bさんの脳 aさんの体 仮にB" になった時、 B"の体でアレルギー反応を起こすのか。 もしくは、A"さんの体で…

もし、

タイムマシンが出来て、過去や未来に行けたとして。 その先はパラレルワールドだとして、 そこで自分が生きられる保証はない。 限りなくそれに近い何かなのであれば、 全員性別逆転、 あることが出来なければ死もしくは、 排除対象で、その世界に足を踏み入…

並行世界 タイムマシン

Aからbの並行世界へタイムマシンで移った時、Aはbと同化した、もしくは bと入れ替わった。 同化?ドッペルゲンガー的な感じで、 同じ世界に同じ人間が2人同時に居れない。 こう考えれば、Aが残ってbが消える。 事も考えられなくもない。

監視社会

プライバシーの侵害と健康と犯罪の観点からの安全保証? どっちかを見れば、どちらかが良くない部分がある。 それを許容できるか。 その安全性の裏にあるものは? 表に出ないだけで、それが危険であることには変わりはないのでは? 我慢すればある程度の安全…

知覚像の欠落

欠落?いや、元から無いの方が正しいのか? 知覚情報のグループ化 そのグループ数によって対象の情報の選別、 めが見えない、もしくは、 あまり良くない状態での周囲の環境を知る情報となること。 ミミズ、イタヤガイ、ダニには 蜂のように 花が開いている …

言葉の色

ねぇ。という言葉で 捉える側からすれば、意味が違ってくる。 意味が違うし、音も違うのに文体にすると 受け手の主観だけが先走る。 文字に色をつければいいのか? カラフルで色で目がチカチカして電話や対話の方がいいと感じるだろうな。 例えば、感情の色…

生物から見た世界 著ユクスキュル/クリサート より

ミミズの知覚標識が味とは…… あの基本的頭がとっちか分からない目があるのかすら分からない生物に… 形態知覚はないらしいが、 =目が見えない? モグラと同列?

この人を見よ 著ニーチェ 笑えた箇所

不誠実が本能 相手ありきの話で不誠実か否かという話を知るのだろうが、 つい笑ってしまった。 清々しいくらいの貶しようが最後の方で待っている。 これはもう、一言で表せないが、 読んでて笑いが込み上げてくると言うことだけは綴っておこう。

この人を見よ 著ニーチェ 訳丘沢静也

-ツァラトゥストラはダンサーだ- この一言で、 私の脳内でツァラトゥストラは “カメレオン”になった。 変幻自在のカメレオンに。 哲学者、探求者、僧侶、 教えを解くもの、伝える者から、 変幻自在のカメレオンになった。 衝撃的だった。 もう、何なんだ。…

記憶が消えても

記憶が消えても、体が覚えていることに関して 5億年ボタン 押して五億年が過ぎ 100万円貰えたとしても、 体のどこかで記憶されているのではないがということ 記憶喪失の人が、言葉を話せたり、ものを使えたりする原理と同じ ああでもこれは記憶の保管する…

思いついたこと メモ

五億年ボタン 精神世界 眠れない。 人の脳。思考。整理。 使用されるエネルギーは? お腹空かない。眠れない。 人の脳?人の精神状態?脳の作業? 脳の覚醒? 10%の使用量からの変動。 年数の問題。 記憶が消される前 物理法則無視の時間概念? 想像する事に…

いつもの戯言。

死が死んだ人にとって悪いものでは無いが、 残されたものにとっては悪い。 DEATH 著シェリー・ケーガン より これを読んで思ったのが、 死なないで という事が人のエゴじゃないかと思うこと。 死にゆくものに対して、 その死因がなんであれ……。 死にたいなら…

意識と無意識

意識は表面剥離?なんか違うな。 言葉自体も違うと思うが……? 網膜剥離は目だしな。 DID…でもないが、 それに近いイメージが湧く。 鏡? 物語シリーズであったように 鏡の中の世界は全てが反転している訳じゃない。 鏡の屈折率等の諸々の事を考慮して考えな…

人の脳は草食動物。

草食動物は反芻する事で食物を消化しやすくする。 人の脳は得た知識を別の何かと結びながら反芻する。 =人の脳は草食動物だ。 という見解に至った。

分からない。

自分で書いた文を読み返すとたまによく分からない。 理解に苦しむ状態になってしまう時がある。 その時感じたままに書き殴っていたりするものだから、 読み返すと“分からない。” “どういう意味だ?これは” と言うような感情に襲われる。 困ったものだ。 感情…

メモ この人を見よ 著ニーチェ 訳:丘沢静也

退化している本能? ディオニュソス的 ニーチェの説いた芸術創造の類型の一。 節度や個体を破壊し、 根源的一者に融合しようとする。 ディオニュソス祭の熱狂的な音楽に象徴されるように、 動的で非造形的な抒情・音楽芸術へ向かう アポロン的 ニーチェが「…

メモ

電気信号は脳内 に?で? 直接変換できることが出来れば 念話?テレパシー?が出来るはず。 イルカの意思疎通方法なら… その前に人間の脳の使用率をもう少し上げないと成立しないか。 人の脳を機械に繋いで、 エネルギーを供給出来れば人の脳は覚醒させるこ…

なぜ分かる? なぜ理解出来る? なぜ読める? 覚えたから?まず、理解する事が分からない。 理解出来ることが分からない。 体験したから云々を抜かして、 文献だけを、文字の羅列を頭の中に取り込んで、 想像する事。創造させることが、 本質として納得のい…

思考実験?

電気信号 脳内変換 音 意思の疎通。 電気信号解析、インプット時に変換、 認識、意思疎通可能?

DEAGH 死とは何か 著 シェリー・ケーガンより考察

無機質に意識を持たせるとAIもしくは、微生物くらいの何かになるだろう。 意思疎通に関していえば、 人間に合わせれるかどうかを考慮せねばならないだろう。 合わせると言ったらおかしいかもしれないが、 基本的に人間が合わせようとするのは同種ぐらいのも…

ギャルリ・ミレー 先入観

絵の見え方は客観的かつ、 自分の知識の主観でしかない。 説明を読まずに物思いに耽ってる人の絵を見ると、 何を悩んでるんだ?何を見てるんだ? 何を考え込んでるんだ? なんて思えてくる。 だが紹介文を見れば 奥さんを無くしたその悲しみに思い耽り、 悲…

存在証明と意識と

自分が自分を認めれば、 それは私の存在証明になりうるのか? 久しぶりにErgo proxyを見てたら、 “私は私を認め、 もはや他者の存在など必要ない” というセリフがあって、 存在の証明に他者が必要無くなれば、 私は何を定義として私となすのか。 はたまた、…

メモ

生きてる感覚が無いから 生きれないんだ

個人である前に、個体である前に 言葉を紡がねば伝わらぬものが 拙い言葉で紡ぐ何がが1番美しい。 とかなんとか、 色々端折ってる文が降ってきた。 言葉で縛る?形成される? 作られた何かで、証明し、 存在しうる何かになってる場合、 認識される前に、概念…

謎かけ?

それであってそれでないものを 証明する為には? シュレ猫か、ウィグナーか、 観測する対象と、それを認識する術が必要。 そして、比較対象。 それ であって、それ でない。 はたしてそれとは?

メモ

生地の縫い方に記号を隠してあるとしたら?

メモ

概念で言葉のあやで そうありたいと願う何か。 言葉で縛る。構成する。それが形になって それ になる

人格

人間の脳に別の人格を埋め込むとどうなるか 反発するのか、それとも共存するのか はたまた、どちらかが消えるのか 人が人を演じるのと似ているのだが、 多分これはきっと違う何か。 ジキルとハイド?