空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

本より

知っている ということについて

認知して、1度はインプットしたのだから 忘れた事を思い出したのは 元々知っていた情報のひとつと考えるべき…… いや、もっと単純に 引き出しに入れた。と、考えるか。 思い出した=引き出しから取り出した。 1度は知った。 でも、忘れたなら知らなかった。 忘…

思考実験より

脳が入れ替わった時 片方の人が例えば、 卵アレルギーを持っていたとする。(aさん) 卵アレルギーを持っていない(bさん) aさんの脳 bさんの体 仮にA" bさんの脳 aさんの体 仮にB" になった時、 B"の体でアレルギー反応を起こすのか。 もしくは、A"さんの体で…

監視社会

プライバシーの侵害と健康と犯罪の観点からの安全保証? どっちかを見れば、どちらかが良くない部分がある。 それを許容できるか。 その安全性の裏にあるものは? 表に出ないだけで、それが危険であることには変わりはないのでは? 我慢すればある程度の安全…

知覚像の欠落

欠落?いや、元から無いの方が正しいのか? 知覚情報のグループ化 そのグループ数によって対象の情報の選別、 めが見えない、もしくは、 あまり良くない状態での周囲の環境を知る情報となること。 ミミズ、イタヤガイ、ダニには 蜂のように 花が開いている …

生物から見た世界 著ユクスキュル/クリサート より

ミミズの知覚標識が味とは…… あの基本的頭がとっちか分からない目があるのかすら分からない生物に… 形態知覚はないらしいが、 =目が見えない? モグラと同列?

放棄する事

殺されたいと願うことは、 相手を罰することも、許す事も それさえも許さないということか? もしくは、それ(責任)を放棄したか。 どちらだろう? 頭の中にあの言葉が浮かぶ。 虐殺器官の……たしか、アレックスの言葉。 “地獄はここにあるんですよ。” という…

この人を見よ 著ニーチェ 笑えた箇所

不誠実が本能 相手ありきの話で不誠実か否かという話を知るのだろうが、 つい笑ってしまった。 清々しいくらいの貶しようが最後の方で待っている。 これはもう、一言で表せないが、 読んでて笑いが込み上げてくると言うことだけは綴っておこう。

この人を見よ

その時から私の全ての著作は、 釣り針になった。 もしかしたら私は誰よりも釣りの心得があるのかもしれない?… こう書かれてたら 1人くらいは釣れたんだろう。とおもうじゃないか! その後の文に “何も釣れなかった。” 釣れなかったんかい!とツッコミを入れ…

この人を見よ 著ニーチェ 訳丘沢静也

-ツァラトゥストラはダンサーだ- この一言で、 私の脳内でツァラトゥストラは “カメレオン”になった。 変幻自在のカメレオンに。 哲学者、探求者、僧侶、 教えを解くもの、伝える者から、 変幻自在のカメレオンになった。 衝撃的だった。 もう、何なんだ。…

いつもの戯言。

死が死んだ人にとって悪いものでは無いが、 残されたものにとっては悪い。 DEATH 著シェリー・ケーガン より これを読んで思ったのが、 死なないで という事が人のエゴじゃないかと思うこと。 死にゆくものに対して、 その死因がなんであれ……。 死にたいなら…

分からない。

自分で書いた文を読み返すとたまによく分からない。 理解に苦しむ状態になってしまう時がある。 その時感じたままに書き殴っていたりするものだから、 読み返すと“分からない。” “どういう意味だ?これは” と言うような感情に襲われる。 困ったものだ。 感情…

メモ この人を見よ 著ニーチェ 訳:丘沢静也

退化している本能? ディオニュソス的 ニーチェの説いた芸術創造の類型の一。 節度や個体を破壊し、 根源的一者に融合しようとする。 ディオニュソス祭の熱狂的な音楽に象徴されるように、 動的で非造形的な抒情・音楽芸術へ向かう アポロン的 ニーチェが「…

メモ

電気信号は脳内 に?で? 直接変換できることが出来れば 念話?テレパシー?が出来るはず。 イルカの意思疎通方法なら… その前に人間の脳の使用率をもう少し上げないと成立しないか。 人の脳を機械に繋いで、 エネルギーを供給出来れば人の脳は覚醒させるこ…

なぜ分かる? なぜ理解出来る? なぜ読める? 覚えたから?まず、理解する事が分からない。 理解出来ることが分からない。 体験したから云々を抜かして、 文献だけを、文字の羅列を頭の中に取り込んで、 想像する事。創造させることが、 本質として納得のい…

DEAGH 死とは何か 著 シェリー・ケーガンより考察

無機質に意識を持たせるとAIもしくは、微生物くらいの何かになるだろう。 意思疎通に関していえば、 人間に合わせれるかどうかを考慮せねばならないだろう。 合わせると言ったらおかしいかもしれないが、 基本的に人間が合わせようとするのは同種ぐらいのも…

人の脳にチップを埋め込んだら?

もし、人の脳にチップを埋め込んだら その人の考えを世界中の人と共有することが出来るはずだ。 イメージするなら、テレパシー 多分これが1番近いと思う。 電波塔、アンテナ…いや、送受信機か? 電子の海で生きる……攻殻機動隊? いやでも。(?) 人の脳内をバ…

限りなく

もし、仮に限りなく綺麗な細胞、 精神、肉体が出来上がったとして、 果たしてそれは人間なのか?という話。 イメージとしては、 伊藤計劃さんのハーモニー、 森 博嗣さんのwシリーズ 善を正義として掲げる。……?違うか。 自分にとっての善、社会としての善?…

心臓が停止してから

心臓が停止してから、幾ばくか細胞が生きているはずだ。 心臓が機能しなくなっても、細胞が生きている部分があれば それは生きているのではないか? 完全なる生とは違うだろうが、 明らかに死に向かっていること、 心臓はその役目を辞めたこと。 心臓や脳が…

無意識、

無意識は、人格機能を行使しているのかどうかという事。 自意識は人格を機能している。 機能していると言うのはおかしいかもしれないが、 人格としての機能は果たしている。 さて、無意識は、自明の選択は、 はたして、どうなのだろうか?

ああ。

耳には瞼がないんだ……だから、両手を塞がれてしまっては耳を遮蔽することが出来ない、、、 目を遮蔽する様に、自我から締め出すことも出来ない。そうなると、人の忠告さえも……? 自我から締め出せないのに、 忠告を聞いてもスルーするのは別問題か。 耳には…

アンドロイドは電気羊の夢を見るか

その逆は有り得るのか? 人間は電気羊の夢を見るのかという事。 自身、夢を見る事は多いが、 機械……いや、アンドロイドの夢は見た覚えがないなと思って。 どうなんだろうか? 人は、アンドロイドや、電気羊の夢を見るのだろうか?

時空間の物質の耐久性について

時間が進む事に物質は劣化していくものが多い。 使用、加工すれば劣化進行は様々だが、 いつか朽ちる。 元素だけ集めて置いておいても、 酸化や風化はする。 もし、タイムマシンで物質を過去に戻せたとして、 A━━━━━☞A`(過去) ? (未来)A ☜━━━━━A 劣化 Aに戻…

戯言

つまらないな。 つまらない事に精神と脳内、 時間と細胞をかけることが1番の無駄だとは思う。 脳が痛みを感じるように、 体が痛みを感じる。 欲求がわらわらと増えて来て、 主張を始める。 くそったれみたいな つまらない他人の 偏見と価値観 で、 誰かを規…

虐殺器官より

感じられないのに認識する痛みってどんな感じなんだろう……? 一般的には認識した=感覚(痛覚)に何らかの刺激があるはず。 虐殺器官でそんな話があったなと思って 痛いと分かってるのに、 痛みを感じない……。 そんな病気もあったはず。 なんだっけ……?無痛病で…

ツァルストラ 続き

“あなたが「精神」と読んでいる あなたの小さな理性も、 あなたの身体の道具なのだ。 わが兄弟よ。あなたの大きな理性の小さな道具であり玩具なのだ。” この解釈は面白い。 この後の一説もなかなか面白い。 -感覚は感じ、精神は認識する。 それらのものは決し…

ツァルストラはこう言った 著ニーチェ 訳 氷上英廣

文中に “わたしごつくったこの神は、 人間の作品であり、 人間の妄想であった。 すべての神々がそうであったように! その神は人間であった。 しかも単なる人間と自我の貧弱なひとかけらであった。 私自身の灰と火影(ほかげ)から、 それは出てきたのだ。 こ…

似た性質

時たま映画や小説の中で既視感というものを感じたりすることがあるだろう。 自分の好きな作品同士が似ていたり、 本質が近いものだったり、 本質は全くもって別物だが、 どことなく似ているもの。 たまに思うんだ。 この世界とあの世界を足した世界が出来た…

疑問

社会を所有物として考えるのは難しいことでは無いのか? たとえ所有物だとしてだ、 誰が何の為に所有するのか? メリットはあるが、デメリットの方がでかいのでは?

彼女は一人で歩くのか? 森 博嗣

人間がパラサイトしながら時代を渡っているという考え方は面白い

……と養殖

天然と言えばいいのか? あまり天然という言葉でこの話をしたくないな。 天然という言葉の意味が当たってない気もしなくもないから…… でも、人がもし、 天然……いや、生身の人間と、 義体化した人間もどき? アンドロイド? 養殖。違うな、培養?でも無い。 …