読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

生とは?死とは?

生きている。 それを感じ取る時は、 死を間近に感じなければ分からない。 生きている=死んでいない。 ではなく、 生きている=呼吸している。 動く、もしくは動かせる。 見えている。見えていなくても。 思考がある。感情が動く。 肉体が滅んでいない。 精…

明日という言葉の存在について

明日なんて永遠に来ない。 今日が明日になれば、明日という存在は今日になってしまう。 だから、明日なんて来ない。 有るのは今日だけ。 時間が全てを牛耳ってたとして、人は数学的解釈でしか測れない。 という一つの仮説?概念? 言葉遊び。

存在は

他者にきえいする。 きえい?

知りすぎたら

戻れない。人も酒も 美味しい酒の味を知ると、 少し劣るものを前ほど美味しく感じられなくなるのと同じように 戻れない。 人は成長する度に、過去のその時の心には戻れない。

深く追い詰めれば

物事、事物、主観的なものは、 何かに頼ってもしくは、相対的な存在で成り立っている? 深く追い詰めれば、己を知る事とかけ離れ、 思考の闇に呑まれる。 深淵を覗きすぎるのも、 真綿で自らの首を絞めるのも、 主観的なものでしかないんじゃないだろうか? …

分からないが、

世界を知ることは、己を知る事になるのか?

言葉の羅列

メメントモリ:自らがいつか死ぬ事を忘れるなって意味だけど、死って何?むしろ、生って何?終り?始まり?それは全部言葉の羅列でしかないんじゃないだろうか? 言葉に頼りすぎている。 哲学も言葉の集合体だろうが...

ヒエラルキー?

もしかしたら、 前にも書いたかもしれない。 ブランド品を身につけている人は その人に価値が"ある" もしくは、"出てくる"のか それとも、 ブランド品自体に価値があるのか。 という問題がある。 これは私の個人的な主観であり、 答えではないとは思う。 私…

狂気は

狂気は感染されていく。 思考もまた、汚染されていく。 そして、思考犯罪が出来上がるのだろうか?

ジョージ・オーウェルの

一九八四年の1説にあった 思考犯罪 という言葉。 思考内で何をやってもその行為は 思考内である事には変わらない。 想像する事と同じだが、 それを現実と頭の中と分けていても その思考は汚染されていく。 想像する事はいい事だ。 だが、思考犯罪は別だと思…

思いながら...

今生きてる事がむしろ、死んでいる事なら、 死んだ後、死後の世界は 生の世界? 言葉がまとまらない。 難しいな...こう書こうとすることは

百万人の命の...

その上で生きているのなら、 私達は死の上に生きている。 マンガのタイトルを見て思った。 死の上にではなく、骸の上だな...

記憶の新しい内に留めておこう

神は存在しない。 これには否定も肯定も出来ない。 居ないという証明も、居るという証明も出来ないから。 別の角度から見ると、 人は無から有を作れない。 全知全能の神が居るならば、 なぜ確変を起こさない? きっかけさえあれば全てを覆す事だって出来る。…

鼬ごっこ

鼬ごっこしている気分になる。 21gの魂と同じような事かもしれない。 証明の仕様のないもの、 もしくは、証明することによって、 誰かにとっての... 痛いとこをつく と言うべきか。 深淵を覗き込めば、 自分の首を真綿で締めることになる。 この事を忘れちゃ…

定義について

定義と言っても、あやふやなものが多い。 どこからどこまでが生で死か 脳が死ねば死なのか? 肉体が...心臓が止まれば死なのか? 伊藤計劃さんの虐殺器官、 ニーチェさんのツァルストラかく語りき を思い出す。 虐殺器官の主人公 クラヴィスの母の死について…

存在

存在の死について少し思ったのは その人と直接関わって居る人からの存在が忘れられたという事か、 歴史...書物? 資料で残されてる場合、 その存在が消えることが無いのだろうか?

死について

死は三つに分けられる。 肉体、精神、存在の三つの死。 肉体は実体があるが、 精神については実体は無い。 が、肉体が代わりに表現する事ができる。 存在、これもまた、精神と似ている。 実体は無い。 (この場合の存在は、 人の記憶、記録についての存在。) …

ふと思いついた仮説

もしも、(自分が認識している)世界が誰かに創られたものなら... 人間は創造されたものなのだろうか? 想像する事は、創造する事と繋がる? もし、想像した世界が創造されるのなら、 世界五分前仮説?の様に五分前に考えた世界が創造されるのでは無いだろうか…

仮説について

観測する者が他にいて、私達は自我が目覚めた時から現実として認識している世界をα認識していない(できない)もしくは、死後をβとして、そのすべてを観測している人がいる と、ある人との会話で出した答えの一つ。 意識、認識、自らの観測の範囲外に、 他者が…

仮説

もし、死後の世界がSFチックな考え方で仮説を立てるとすれば、今生きてる世界は (観測出来ているもしくは、認知されている)現実で、死後の世界はそのまた逆... えっと... 今、観測している現実が、代替現実(SR) つまり、現実であって、現実でない。 仮想世界…

思った事

故人の考えがあって、今の私達が出来上がる。 過去の積み重ねか未来をつくるなら、過去を振り返る事は自らを作る事になるのか? 振り返るだけなら誰もが出来るはず。 そこで、学ぶ事が、出来るかどうか...

誰もが想像できるなら、

創造された神は、神という象徴ではなく 創造の産物でなければいけないのでは? 植え付けられた知識に、 何を求めれば...?

多分誰もが気付いてる事であろう事

It's my Guilty... それは私の罪 何をなしてそれが罪だと言うのか ただの意識の集合体。認識の集合体。 見解で、誰かにとっての悪は自分にとっての善にもなりうる。 全ては認識が、意識が、状況が そうだと決めている。

浮かばないな

浮かばない事実。 頭が回らないと、こうも思いつかないとは

死後について

今現在、見える人と、見えない人がいる。 見えること、見えないことに関しては、 自分の目で認識するしかない。 他者にも見える事もある。 見えないこともある。 それについては、 証明の仕様のないもに対して、 どうやって、他者を納得させるかが問題だ。 …

少し離れてみよう。

世界線、シュレ猫、ウィグナー、から少し 離れてみよう。 そうしたら、 少し違った見方が出来ると思う。 浮かばない...ですね...。 しばらくはおやすみです。

選択しなかった過去について

観測には、選択しなかった未来と書いたが、 選択したことによって、過去になる。 ならば、未来ではなく、過去に修正しよう。 観測については、 自分、または、他者がそれを 認識、確認、観測した時点で観測地点(結果) は決まってしまう。 ならば、観測されな…

観測について

少し、前提が間違っている気がする。 またノート見返して考えをまとめよう。

観測

観測する事については、 ウィグナーの友人の説を引用。 観測するまで、DEAD OR ALIVE どちらもあるなら、 選択しなかった未来は仮定としては生き続けるのではないだろうか? これを検証すること証明する事は難しい。

物語について

人は人生を物語として処理する機能がある。 なら、描いた世界は 誰かの人生? ありえそうでありえない世界は? 物語であって、観測してない世界なら その世界は存在しない? 観測してないだけで、 存在しない理由にはならないのじゃないのか? 分からない。 …

記憶で、記録

まずは、メモからかな。 いつもノートは持ち歩けないし、 今の思考を書き留めておくものが少しでもあれば、 ヒントになるかもしれないし。 でも..亡くなった人が恋しい...。 夭折の作家、伊藤計劃さん。 生きてる内に会いたかった...。 そして、言葉を交わし…