読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

小説 類似性

似ている...

 

虐殺器官、ハーモニー、イシュタム・コード

虐殺器官とハーモニーに関しては

同じ作者だからだろうが、

イシュタム・コードに関しては違う。

 

作品は内容も、

書風(...と言うべきか?)も違う。

だが、本質は似ている。

 

虐殺器官:虐殺のコード、脳、思考、地獄

ハーモニー:管理された人々、脳、思考、意識

イシュタム・コード:サーバー、脳、思考、

自殺のコード

 

すべてに当てはまるのは、

脳、思考、意思→人の行動(自殺・虐殺)

という事。

 

自殺・虐殺行為に関する1人のカリスマ。

 

カリスマ(を持った人物の有無)に関しては、

PSYCHO-PASSの作品も関連してくるだろうが、“自殺”

という行為としての存在ではなく、

他者からの“攻撃(行為)”としての存在なので、

今回の話にも入れるべきだろうが...

それは少し後で書こうと思う。

 

虐殺器官:ジョン・ポール

ハーモニー:御冷 ミァハ

イシュタム・コード:ジェス

 

3人に共通する事は、

世界を確変すること。もしくは、世界に打撃を与えること。

絶対者の概念...もしくは、絶対的存在。

人によっては善にも悪にもなる存在。

この部分にはPSYCHO-PASS槙島聖護も入っていると言えよう。

 

一人の人間に多数の人間が感化され、

踊らされている。もしくは、

それを自分の意識(自我)として、

動いている。

 

そして、カリスマ性を持った彼等は、

異形で、異質で、

他者とは異なる高みの存在。

だから、

イシュタム・コード内での言葉を借りるなら、

“生物の価値は量にあるから。”

量に満たさない彼等は消される。

というべきか、

別の言い回しがあると思うが、

今はこれしか浮かばないのが事実。

 

 

 

 

 

 

 

今の私では頭がオーバーヒートしてここまでのようだ。

本質は同じだと気付いたまでは良かったのだが、説明するのがあまり得意ではない。

脳内のイメージをそのまま表す事が出来たなら、人は変わるのだろうか?

 

技術が先行して、

人が退化していくのではないか...?

自問自答の繰り返しだ。

また、気付いた事を書き留めておこう。