読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

仮説~結論 続き

Bが物語を消す。

もしくは終わらせることによって

想像(創造)した世界は存在を失う。

 

 世界線...の様だといえば良いのか...

Bは選択し、Aの世界は進むか消える。

 

仮説 2.5

自らとは別に他者が体内、もしくは体外で

身体をコントロールしている。

イメージとしては、ソードアート・オンラインPSYCHO-PASS、ハーモニー、電脳コイル攻殻機動隊の電脳世界が一番近い。

 

バーチャル内に世界があり、

機械を装着、もしくは、別の形で肉体を離れ、意識を別の場所で構成。

 

この場合違うのは、自分がそれを認識しているか否かという事。

 

そう考えると、何一つ本物なんて無い。

偽物も、本物も無ければ、

どちらが本物かなんて理由付て表す必要さえないのだから。

 

話を戻して、もし、

今認識している全てがバーチャル世界(а)で

死ぬ事で終わる。もしくは、

眠る事で“b”に戻れる

人生体感ゲーム...?のようなものだとしたら?

 

*眠:眠っている間は意識はスリープモード。

“b”での自分とは記憶は別々。

もしくは、“b”の方は記憶を両方保持できる。

 

時間に関して:“b”とでは違う時間軸。

時間という概念すらない。

“а”に入る時、時間が進み、出ると止まる。

 

ゲームカセットでの時間表記が近い。 

だが違うのは、自分の選択や行動でシステムの1部が常に変化する事。

基本的部分は同じで、エピソード等が変わる...

変化し続ける、マルチエンディング。

 

 

という仮説。想像。

意味は無いが、可能性としての話。

証明出来ないからといって絶対にありえないという事も無いはず。

 

言葉遊びかもしれない。

一つの願望かもしれない。

 

それは死なない事には確認出来ないうえに、

証明する術がないのが残念なところだ。

 

一つ、思い出した。

私はラブリーガール このドラマの様に

死んだらエスカレーターを上がり、

パソコンと、デスク。そこには人が居て、

『あなたは-』なんて、

現代的な風景の場所に行き着くかもしれないし、

死んで目が覚めたら

カプセルの中で、

『被検体番号-が目を覚ましました。』

とか、

『お疲れ様です。どうでした?今回の-は』

 

あるいは、何も無い白い世界、

真っ暗闇の世界、

意識さえ存在しない世界。

に行き着くかもしれない。

可能性は捨ててはならない。

 

ありえない事ほど、ありえるのだから。

自分の意識の範囲外に

世界があると思えば、ロマンを追いかける

ロマンチストだ。

 

わたしはいつまででもそうありたい。