読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

ハーモニー(harmony) 著:伊藤計劃 より

ハーモニーの映画を見ながら、

最後のシーン。

 

トァンがミァハと再開し、語り合い、

そして、ミァハに銃を突きつけるシーン。

 

ミァハを銃で撃つトァン。

原作とは少し違うラストシーンだが、

今回はトァンの台詞について思う事があった。

 

よく言われてるのが、

この作品は百合小説という事だ。

私はこの作品は百合とは思わない。

 

ただ、目の前にいるのに

自分よりはるか高みに居る存在を追いかける。

 

ただその対象が“同性”であった。

という事だけだ。

 

学者が未知のものを追いかけるのと同じ。

ロマンを追いかける者の話で、

百合とは違うのではないかと思う。

 

という、私の見解をさておき

本題は “愛してる。ミァハ” という、

トァンの台詞だ。

 

愛とは恋愛感情だけとは限らないという事だ。

何を当たり前な事を今更。と、

思うかもしれない。

でも、今の私はふと思ったのだ。

 

感情に流され、

その感情の本質を忘れてはいけない。

 

愛も恋も追いかける対象がいて、

ロマンの一部でありながらも、

その本質は全くの別物だと言うこと。

 

与えるか、求めるかでは意味が違ってくる。

 

日本語が一番そうだと思う。

言い方一つ変えれば全く違うものに見えるが

本質はどの位置で見るかで、

全く違うのだから

 

忘れてはいけない。

対等でありたいと願うなら、その為の知識が必要だ。

経験は全く同じ条件で得られたとしても、

得るものは多少なりとも誤差は出ると言う事を