読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

タイムトラベル

タイムトラベルについてはよく言われてる、

過去を変えてはならない。

同じ時間に同じ人間、

つまり自分に会わないこと。

(ドッペルゲンガー現象)…etc

 

親殺しのパラドックスについては、

そのままなのだが、

タイムマシンを使って過去に戻る出来事を作った原因、もしくは、

要因を消すことは出来ない。

(親殺しのパラドックス同様)

 

もし仮に、

世界α(今の自分のいる世界)と

世界β(今とは違う自分(パラレルワールド))

に分断され、

過去に戻ったつもりが、

βの方に行き着いたとしたら...

親殺しのパラドックス ☆1、

ドッペルゲンガー現象 ☆2、

この二つは起きないんじゃないだろうか?

 

☆1:自分の親ではある。が、しかし

βの世界の親であるため、

αとは似ているが別物とされる。としたら…

βの自分が消え、αの自分だけが残る。

ので、1は起こらない。

 

☆2:パラレルワールドに来たと考えて、

同じ世界ではないので

同じ時間に同一人物が存在しえない。

だから、自分の存在は消滅しない。

 

という事を考えてみたのだが、

タイムスリップして出来事を変えたら、

どう足掻いても今の自分は確立できない。

もし、出来たとしても

それは選択しなかった世界に意識が入れ替わるといえばいいのか…

上書きされる。から、変わったことに気づけない。=証明の仕様がない…?

 

また話がループしつつある…

気を付けねば。