読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

ピノキオ

木の人形のピノキオ。

ではあるが、ピノキオの話じゃない。

 

脳の電気信号を分析して、

知らない知識をインプットする。という記事を見つけた。

 

人の脳の電気信号を分析すれば、

攻殻機動隊の電脳化の世界も近いうちに実現するかもしれない。

 

そこでふと思ったのだが、

脳の電気信号を分析したものを

脳死とはんだされた人にインストールしたらどうなるのかという事だ。

 

ハーモニー(著:伊藤計劃)

の作品の様に、自我のない世界...

 自明によって行動する世界となる。のか?

 

それとも、そのまま脳死のままなのか。

 

脳死については、

同じく伊藤計劃虐殺器官

ラヴィスの母の死の話のところを引用すれば、

どこまでが死んでいて、

どこまでが死んでいなくて、

どこが意識なのかという事だ。

 

もし仮に、脳死でも、

代わりの電気信号を外からインプットできれば、

まさしくピノキオ...いや、

マリオネットと言うべきか...

人を操ることが出来る。かもしれない。

 

そして、死者も...屍者として...

これは無理か。

たとえ、電気信号が通ったとしても...?

フランケンシュタイン...?

 

フランケンシュタインは生者の脳で屍者として蘇る?

そんな実験があったとか無かったとか?

 

伊藤計劃さんと、円城塔さんの作品

屍者の帝国の終盤、

生者に擬似霊素を書き込む。

というところだ。

 

もし、脳死した、脳に電気信号をインプットして屍者の帝国の様に

擬似霊素(電気信号)を書き込む事が出来たなら、

人は、生きながらにして兵器を量産し、

捨て駒...玩具のように出来るのかもしれない。

 

 

だが、肉体は滅びる。

そこだけは変わらない。

攻殻機動隊の話のように身体を機械として

作り替えたなら、別の話だが...

 

今日はここまでとしよう。