読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

死を止めれるとして

いつから?

どこまで?

 

どこまで成長出来て、

どこから成長が止まるのか。

 

ある一定まで成長できなければ、

思考がめぐる事もその目で、足で、手で

五感でそのすべてで感じることも、

聞くことも、声を発することさえも…

出来ないのではないのだろうか?

 

ある一定の成長を止めるのも、

その先まで成長するのも出来ずに死ぬのか、

それとも、成長を早め死ぬのか。

 

どちらにしろ、

テロメアを最後まで修復できないことには、

人間はイソギンチャクの様に死なない...?

寿命になると分裂を繰り返すような

存在にはなれないし、

いつか死ぬことで廻る存在に設定されているとしたら?

今いるこの世界が偽りで、

本当の世界が別に…

 

なんて、証明のしようがない。

証明したいと願えば、そのために必要なものは、時間だ。

 

時間も知識も足りない。

人はいつでも足りないものだらけだな…