読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

人が生きるのには理由はなくて、

死ぬのには理由がある不思議。

 

生まれる時点で、“生かされてる”という状態になる。

そこから“生きる”に変化し、

テロメアが再生出来ずに削られていく。

故に、“死へと向かい、死ぬ。”

 

 

生かされ、死ぬ事を拒絶され、

“死”が否定される。

死こそ悪だと。

そう、思わせてる。

 

逆に言えば、    

いつか死ぬ事を忘れて、

生かされ続ける生き地獄こそ、悪ではないのか?

 

善悪のネタは...

立場により変わる。

 

どれが正しいのかどうかは人それぞれになるから、

結果的にこの疑問は、

イタチごっこにより疑問すら価値が無くなる。

 

死ぬ事=終わり(?)

生きる事=?

 

伊藤計劃さんの虐殺器官より、作中、

“地獄は人の頭の中に”

って、あったな。

 

だとしたら、

死も、地獄も、人の脳内が作り出した幻想か?

肉体は亡びる。

この前提を無視してはいけないし、

今の技術では無視出来ない。