読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

ゴーン・ガール (映画)

女性は策略家。

男はピエロ。もしくは、猿回しの猿。

 

女は真綿でじわじわと締めるような...

男は力で押さえつけるように...

互いを殺そうとする。

 

この作品を見ていると、人が怖くなる。

そして、結婚は互いに首を絞め合う

一種の自殺行為。もしくは、

無理心中?いや、心中の方か...

 

猟奇的、限りなく死に近い何か。

1度踏み込めば戻ってこれない深淵。

麻薬ににも似た何か。

 

そう言えば、

生命は性交渉によって感染する致死性の病。

 だったかな?

誰かがそう言っていたな...。

 

誰だっけ?

忘れてしまった。

 

他にも...ああ、そうだ。

性交渉は本能であり、愛などではない。

という話。

 

愛しているから、

そういう事をしないといけない。

この理屈だと、色々とおかしいのでは?

家族、友人、親戚、とそういう事をしないといけないくなるのでは?

 

規律があるから、出来ない。

じゃ規律が、無ければやるのか?

問題はそこじゃないだろう。

 

愛というものは存在するのか?

という疑問すら出てくる。

本能を愛と称して

行為に望まなければ、それを定義出来ないのか?

 

ああ、また、話が逸れてしまう。