空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

本より

かぐや姫 夢十夜

かぐや姫の物語の最後 不死の薬を愛する帝に渡して月に帰る。 帝は愛する人が居ないなら意味が無いと その薬を燃やしてしまう。 もし、帝が薬を飲んで生き続け、 かぐや姫を迎えに行こうとするなら… これは夢十夜の第一夜に似た何かを感じる

トランプさんの消毒液を体内に注射 というブラックジョーク… 実際にやったら人が死ぬだろうが、 それに近いものを思い出した。 森博嗣さんのWシリーズ、 作中の綺麗な細胞の話を 近い未来、 私達の細胞は綺麗なものだけ残って、 入れ替えながら生きてく時代…

ルミノール

魚の血と人の血見ただけで見分けることが出来るのか。 いや、豚や牛や鳥の血でもそうだ。 成分を見れば違うことは分かるのだが、 ただ、血が拭かれていた等の状態で、 ルミノール検査をした時、 人の血液反応と同じ様な反応の仕方をするのかという事。 偽装…

メモ

ウォーカロンの話を読みながら 昨日見たミセス・ダウトという映画から、 ロビン・ウィリアムさん思い出した。 確か彼の主演映画にアンドリューというのがあったはず。 何か似たものを感じる。 その先の話というか… 説明し難いなにか

メモ 疑問点 ペガサスの解は虚栄か?より  

「考えたくないものを、人は考えないのです。」 Wシリーズ 森博嗣 ペガサスの解は虚栄か?より どこまでを考えない? 不安を呼んでパニックに陥ることや、 不安を頭の中いっぱいにして、 嫌な事を頭の中に巡らせるのに? 考えたくないものとは? 見たくない…

青く輝く月を見たか?  著 森博嗣 Wシリーズより 引用

「賢者がマニュアルを残さないのはどうしてですか?」 「人に教えること、教えられると思い上がることが賢者にはできないからだよ。 そういう自分が許せないんだ。」 青く輝く月を見たか? 著 森博嗣 Wシリーズより ここだけ聞くとただのプライドの問題に聞…

生物学探偵セオ・クレイ 街の狩人 アンドリュー・メイン 唐木田みゆき訳 より

ほんとうの危険は、 いい人間がまちがったことをまちがっているとは気づかずにやみくもにつづけることだ。 生物学探偵セオ・クレイ 街の狩人 アンドリュー・メイン 唐木田みゆき訳 より なぜここは ひらがな なのだろう? 漢字でも伝わらなくもないが、雰囲…

デボラ、眠っているのか? より

“ 生命に価値があるのは、 それが失われた場合に回復が困難だからだ。 極論すれば、 それはエネルギィの損失の大きさとして象徴されるだろう。 ” 損失の軽いものは価値が減るのか… 価値を決める対象によって変化するものが、 本当の価値など分かるものなのだ…

戯言

人間の汚濁と醜態を見た神は死ななければならなかったらしい。 日々他人の醜態や、汚濁を晒したりしてる メディアはどうなんだろうか? システムとしては必要なのか、 本当は消えるべきなのか

ツァラトゥストラ メモ 引用 共感

多くの事を中途半ぱに知るくらいなら、何も知らないほうがましだ! 他人の思いすごしで賢者になっているよりも、自分の責任で馬鹿者であるほうがましだ! わたしは-底の底までつきつめる者だ。 -その底の底が大きかろうと小さかろうと、それが何だというの…

頭に浮かんだイメージと言葉

相手 ツァラトゥストラ 釣針 餌 鏡 深淵 深く深く覗き込めば、 戻って来れなくなる。 そこに私はたどり着けるか? 自分 読み手 自 鏡 深 作者 餌 釣手 分 鏡 淵 語り部 *頭に浮かんだイメージ *足元は水面、その上に立って 鏡のような存在から、手を伸ばす。…

意識を

そもそも、人間の意識、無意識を分けて考えるのがダメなのか? パーマンのコピーロボットで みつお君のコピーであるが、 意思はある。コピーというより、トレースなのか? ロボットにトレースさせて意識であり、無意識の1部を出してる。 と考えれば、 私の意…

人格構成

つい口ずさんだ言葉は、 私のもう1つの人格と考えてみるのはどうだろうか? 意識している私と、その水面下で鏡のようにある私。 意識しているようで、出来てない時に そのもうひとつが出てくる。 人格を共有しているが、意識してる側からは一方通行。 つい出…

ツァラトゥストラ 疑問

せっかくの『愚神礼賛』をだいなしにしてしまう ツァラトゥストラはこう言った の一文なんだが、 意味を見てもいまいちよく分からなくて、 せっかくその論理を叩き潰してやったのに、 台無しじゃないか! なのか、 この偽善者め!人には警告する癖にその様は…

時間を巻き戻す

時間を巻き戻し続ける。 前提条件:巻き戻す時間は限定されている。 巻き戻す直前、 つまり、何かがあった時 その痛みを延々と繰り返すと、 精神が壊れるか、永遠にループ、もしくは消える事になるのでは? その人の為に周りの時空軸を変えるという事は、 何…

問題

未来を描いているのに、 足許の地面を見つめているものは? 答えは 風は青海を渡るのか? 著 森博嗣さん の中に。

パラレルワールドとか

きさらぎ駅とか行った人は行方不明とか、 その人の存在が消えるとかなんとか あった気がするが、 あんまり覚えてないので省くとして。 パラレルワールド もし仮に行けたとして、 行った先と元の場所で世界線の収束…… でいいのか? 収束というより、1人の人間…

人魚姫

ラスト 人魚姫が泡となり、空気の精となる。 人間が死んだら魂があるが、 人魚は死んだら泡となって消える。 人に本当に愛されれば その人の魂が注ぎ込まれて 魂は生き続けることが出来る。 これ矛盾してないか? 人の魂が注ぎ込まれて 人魚姫 人間 の魂の同…

ミニョネット号の事件 カルネアデスの船板の話の考察

ミニョネット号事件の問題 誰か1人をを犠牲にするとしたら誰を選ぶ? という問題。 生存者4人 船長 航海士 船員 給仕(雑務 見習い) 救命ボート カブの缶詰が2個 食料はすぐに底をついた。 雨水で喉を潤していた。 漂流5日目、ウミガメの捕獲。 漂流18日目ウ…

知っている ということについて

認知して、1度はインプットしたのだから 忘れた事を思い出したのは 元々知っていた情報のひとつと考えるべき…… いや、もっと単純に 引き出しに入れた。と、考えるか。 思い出した=引き出しから取り出した。 1度は知った。 でも、忘れたなら知らなかった。 忘…

思考実験より

脳が入れ替わった時 片方の人が例えば、 卵アレルギーを持っていたとする。(aさん) 卵アレルギーを持っていない(bさん) aさんの脳 bさんの体 仮にA" bさんの脳 aさんの体 仮にB" になった時、 B"の体でアレルギー反応を起こすのか。 もしくは、A"さんの体で…

監視社会

プライバシーの侵害と健康と犯罪の観点からの安全保証? どっちかを見れば、どちらかが良くない部分がある。 それを許容できるか。 その安全性の裏にあるものは? 表に出ないだけで、それが危険であることには変わりはないのでは? 我慢すればある程度の安全…

知覚像の欠落

欠落?いや、元から無いの方が正しいのか? 知覚情報のグループ化 そのグループ数によって対象の情報の選別、 めが見えない、もしくは、 あまり良くない状態での周囲の環境を知る情報となること。 ミミズ、イタヤガイ、ダニには 蜂のように 花が開いている …

生物から見た世界 著ユクスキュル/クリサート より

ミミズの知覚標識が味とは…… あの基本的頭がとっちか分からない目があるのかすら分からない生物に… 形態知覚はないらしいが、 =目が見えない? モグラと同列?

放棄する事

殺されたいと願うことは、 相手を罰することも、許す事も それさえも許さないということか? もしくは、それ(責任)を放棄したか。 どちらだろう? 頭の中にあの言葉が浮かぶ。 虐殺器官の……たしか、アレックスの言葉。 “地獄はここにあるんですよ。” という…

この人を見よ 著ニーチェ 笑えた箇所

不誠実が本能 相手ありきの話で不誠実か否かという話を知るのだろうが、 つい笑ってしまった。 清々しいくらいの貶しようが最後の方で待っている。 これはもう、一言で表せないが、 読んでて笑いが込み上げてくると言うことだけは綴っておこう。

この人を見よ

その時から私の全ての著作は、 釣り針になった。 もしかしたら私は誰よりも釣りの心得があるのかもしれない?… こう書かれてたら 1人くらいは釣れたんだろう。とおもうじゃないか! その後の文に “何も釣れなかった。” 釣れなかったんかい!とツッコミを入れ…

この人を見よ 著ニーチェ 訳丘沢静也

-ツァラトゥストラはダンサーだ- この一言で、 私の脳内でツァラトゥストラは “カメレオン”になった。 変幻自在のカメレオンに。 哲学者、探求者、僧侶、 教えを解くもの、伝える者から、 変幻自在のカメレオンになった。 衝撃的だった。 もう、何なんだ。…

いつもの戯言。

死が死んだ人にとって悪いものでは無いが、 残されたものにとっては悪い。 DEATH 著シェリー・ケーガン より これを読んで思ったのが、 死なないで という事が人のエゴじゃないかと思うこと。 死にゆくものに対して、 その死因がなんであれ……。 死にたいなら…

分からない。

自分で書いた文を読み返すとたまによく分からない。 理解に苦しむ状態になってしまう時がある。 その時感じたままに書き殴っていたりするものだから、 読み返すと“分からない。” “どういう意味だ?これは” と言うような感情に襲われる。 困ったものだ。 感情…