空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

ふと感じたこと

もし、人が植物や、

他の動物の言葉を知る時は

人は人を辞めないといけないだろうな。

証拠証明、云々について

色々炎上騒ぎで

証拠、証明だの言ってるけど
タイムマシン作って過去に戻って

ライブ配信でもすれば証明になるのか!?

って話になると思う。

 

まず、タイムマシンで過去に戻るとしても、

本当に自分の居るAの世界なのか?という話が持ち上がると思う。

 

なぜなら、

ドッペルゲンガーの話ではないが、

同じ世界、時間、空間に同一人物が居る事が有り得ないために、

その存在が消える。もしくは、自分が死ぬという話。

 

SFチックだが、

可能性としては有り得なくもないと思う。

そうなると、

過去に戻った時にAではなく、

A'に着く可能性がある。

 

なら、それは証拠として価値があるのかどうかは別問題。

 

価値感の相違で外野が喚くのは別問題だと思うが、言いたいだけかな...。

主張したいだけ。かな?

LUCY 映画の一部より

映画LUCYの終盤より

 

“1+1=2ではなく、1+1=∞になる”

人間が理解しやすいように

数学を用いて出した答えが2だったというだけ。

という話。

 

その数学的要因を除けば、

1を何と明記するかによって

無限の公式は成り立つという事。

 

例えば、

飴玉が1つずつ入っている袋が二つあるとする。

こうした時に、

両手に一つずつ袋をもって

右と左を足すといくらになりますか?

という質問をしたら大抵の人は

“ふたつ”と答えると思う。

 

だが、“右と左”とは言ったが

“何と何とは明記していない。”

 

袋または飴玉のどちらかを1とするか、

袋と飴玉の数で1とするか

 

つまり、空間を1と捉えるか、

空間の中にあるものを1と捉えるかの違い。

 

難しい。説明するのが下手なのが憎い。。

 

ヒトは人でしかないなら、

それ以上も、それ以下もない。

 

なら、その価値感の概念は誰のもの?

 

少数が世界を変えるなら、

多数はそれに従うか、それに流され

それに“似た 何か”になるだけ。

 

選んだ答えも、すべて違うはずなのに、

過去の栄光に文句を言うのはおかしい。

だって選びとったのは他の誰でもない。

自分のはずなのに、

なぜ、あの頃は、あの頃は。と過去を求めて振り返るのか。

 

戻らないからなのか、

戻る事が出来ても、

きっと、その道を選ぶから戻れなくなる。

 

変わらない…

 

偏見による偏見=色眼鏡

人は他者の偏見により、

概念を構築していくのか...?

 

他者の価値で自分の色眼鏡を濃くしていく風潮のある人が多い様な少ない様な...

 

ただ、

哲学と言って、それを何でもかんでも

“哲学的に”とか、

量子力学の話とか少しすると、

“それは何力学?”とかふざけるのはよしてほしい。

 

量子力学をまだ良くわかってない自分が言えた義理ではないけれども、

自分の好きなものを茶化すための道具にされるのは気に食わない。

 

哲学にはあまり興味の無い人が多いのに、

ディストピア系の小説や、

SF系には興味のある人が多い方だと思う。

 

どちらも哲学的要素を含んでいると私は思うのだが、

他の人は違うのかもしれない。

 

ゲーテさんの若きウェルテルの悩みの一説に

“人と人の価値観の合わないのは常”

というのがあったなと思い出す。

 

それは言える。

その中で価値観が似通った者同士が集まる事に対しては

どう言えば良いのだろうか?

ユートピアとディストピア

ユートピア 理想郷

ディストピア 地獄郷

 

って意味だったはずだけど

ジキルとハイドみたいだよなぁ...

 

陰と陽、光と影だけど、

ジキルとハイドはDIDでいいんだっけ?

二重人格だっけ?

たしか...二重人格やったはず。

 

 

ユートピア(夢)に夢中になって、

ディストピア(限りなく現実に近い何か)

に戻れなくなる。

 

それが二次元愛好家なのかな...

いや、二次元だけじゃないはず。

学者も、読書狂も、収集家も...

追いかけて戻ってこれなくなりつつあるんだろうな。

 

その代わりに結果は出してる節もあるから

一概に悪とは言えない。

 

 

元より

エネルギーの原点は?

 

宇宙は何で出来ている?

 

どうやって出来たかより、

何で出来ているのかが知りたい。

 

エネルギーと言うより、

原子の巨大な集合体みたいなのが宇宙と言えばいいのか、

ある一定の空間にある、

原子の集合体の集まりと言うべきか...

 

そんな事はまぁどうでもいい。

人間なんて細胞の集合体なんだから。

 

でも、その細胞の集合体が意思を持ち、

思考し、文明を発展させるのには謎が多い。

 

そうだな、

一つの仮定として...

“外側からの誘導”これが頭に浮かんだ。

これが何を意味するのかは分からないし、

仮定したとしても、

証明のしようがない。

 

意識の外、電気...?電子?

人は細胞...いや、

生物は筋肉などを動かす時に電気信号で通達している。

 

なら、意識の外、無意識下で体外...

自分の生命維持等も含めて、それ以外で

(意識、意思等を除いた状態で)

電波を受信したら、人はそういう風に動くのか?

 

前に何かで読んだのと、

すこし書いた気もするが...

脳の電気信号で操縦士のマニュアルを

脳に直接インプット出来るという話。

 

悪用すれば、

harmonyの作中の様に人の意思を操り、

簡単に自殺に追いやったりして、

人を殺せるのではないのか?

 

人が外部からの受信機の役割を持ち、

それを果たすとしたら...

誰かの意思によってこの思考も、行動も、

全て監視、もしくは、実験として

利用されているのでは?

 

と、考えてみたのだが、

非現実的で、まるでディストピアだ。

どう足掻いても、ユートピアにはなれはせん。