読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

メメントモリ

明日死ぬかもしれない。

それを忘れて人は生きる。

 

メメントモリ:

いつか自らが死ぬ事を忘れるな。

 

友人と共に話しているとそれが良くわかる。

この時間がいつまで続くのだろうかと。

 

楽しい時間が、分かり合える事や、

論議する時間が少しづつ消えていく。

 

忘れたくないなぁ...。

今しかないここでバカやれるのも、

今生きているから。

 

それ以上でもそれ以下でもない。

 

戦争が始まれば...この時も無くなる。

 

今しかない。

それを忘れちゃいけない。

ウィルス続き2

ウィルス...細菌。

病原菌...?

 

病原菌だけを無くすのか、

ウィルス諸共無くすのか。

 

ウィルス消えたら、チーズ、納豆、ヨーグルト、酒等の

乳酸菌や、酵母菌等が消滅。

 

体内の大腸菌とか、消えたら人間虚弱体質になって滅亡確実なんじゃ...

 

代わりが出てくるのかな...?

その前に絶滅?

 

...これは。前提が間違ってるのか、

問題か...

ウィルス 続き

前提1 

(全ての)ウィルスの抗体が身体にある。

→ウィルスに対する絶対的な抗体菌

 

もしくは、

ウィルスが体内に入っても、すぐに抗体が出来る。

→治癒力?が異常に高い。

 

前提2 

ウィルスの存在すらない。

→病原菌となるものがない。

 

前提3

万能薬

→harmony(著 伊藤計劃)

メディケア、watch me.の様な存在

(SFディストピア作品の様な状態)

仮説(ウィルス)

世界から、ウィルス全てが消えたらどうなるのか。

 

人類が最強か、最弱になるのか、

人が生きるのには理由はなくて、

死ぬのには理由がある不思議。

 

生まれる時点で、“生かされてる”という状態になる。

そこから“生きる”に変化し、

テロメアが再生出来ずに削られていく。

故に、“死へと向かい、死ぬ。”

 

 

生かされ、死ぬ事を拒絶され、

“死”が否定される。

死こそ悪だと。

そう、思わせてる。

 

逆に言えば、    

いつか死ぬ事を忘れて、

生かされ続ける生き地獄こそ、悪ではないのか?

 

善悪のネタは...

立場により変わる。

 

どれが正しいのかどうかは人それぞれになるから、

結果的にこの疑問は、

イタチごっこにより疑問すら価値が無くなる。

 

死ぬ事=終わり(?)

生きる事=?

 

伊藤計劃さんの虐殺器官より、作中、

“地獄は人の頭の中に”

って、あったな。

 

だとしたら、

死も、地獄も、人の脳内が作り出した幻想か?

肉体は亡びる。

この前提を無視してはいけないし、

今の技術では無視出来ない。

 

 

 

永遠に...

生き続ける方法の一つとして、

この方法はまず出来ないだろうなと思う。

まぁ、禁止されてるからなんだけど...

 

人間のクローン。

死ぬ前にその人のデータを取って、クローンを作る。

その人の知識をインプット。

 

仮にそんな事ができれば、

子供の時から知識を蓄えつつ

研究者なら、一生研究し続けられる。

 

時間がかかるうえに、

リスクも高い。そして、

クローンを作り続けるとオリジナル(最初の自分)のデータが薄れていく。

DNA的に?と言えば良いのか...

 

まぁ、デメリット多いし没で、、、

 

もう一つは、

知識等を電子媒体へ移しデータ化する。

AIの様な存在になるのか、

はたまた、PSYCHO-PASSの様に脳の集合体になるのかは別問題。

 

電気さえあれば一応生き続ける?

事は出来るうえに、データを残しておければ

消されない限り存在の消滅にはならない。

 

どちらにしろ、デメリットが多いうえに、

需要ないと思われる。

 

「今の自分(肉体、精神が)」

という前提を否定してるのでアウト。だろうなと

 

死を止めれるとして

いつから?

どこまで?

 

どこまで成長出来て、

どこから成長が止まるのか。

 

ある一定まで成長できなければ、

思考がめぐる事もその目で、足で、手で

五感でそのすべてで感じることも、

聞くことも、声を発することさえも…

出来ないのではないのだろうか?

 

ある一定の成長を止めるのも、

その先まで成長するのも出来ずに死ぬのか、

それとも、成長を早め死ぬのか。

 

どちらにしろ、

テロメアを最後まで修復できないことには、

人間はイソギンチャクの様に死なない...?

寿命になると分裂を繰り返すような

存在にはなれないし、

いつか死ぬことで廻る存在に設定されているとしたら?

今いるこの世界が偽りで、

本当の世界が別に…

 

なんて、証明のしようがない。

証明したいと願えば、そのために必要なものは、時間だ。

 

時間も知識も足りない。

人はいつでも足りないものだらけだな…