読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

メモ

伊藤計劃さんの作品が好き。

 

あの...世界に1人で取り残されていく感覚が

たまらなく好き。

だから、harmonyが一番好きなんだろうな...

harmonyより

自殺行為、自殺は悪とされる風習がある。

 

自ら傷つけ、死ぬ行為はダメだと。

そう言われ続けてる。

 

だけど、死んだら死んだで、

誰かのせい。死んだ人のせい。

社会のせい。

 

誰かに責任を押し付ける。

 

“なぜ、ダメなのか。”

という事を少し書こう。

 

harmonyでの文を少し引用するならば、

“私たちの身体は公共的、

社会的リソースに当たるから。”

 

だから、私たちの身体は私達のものではなく

社会の人質なのだ。

だから、 私たちが自らの身体を傷つける事は許されない。

ましてや、自殺行為なんてもってのほかだ。

 

そんな事を伊藤計劃さんのharmonyを読む度に思わざるおえない。

 

じゃあ何故、人は自殺するのか?

という疑問が浮かぶはずだ。

 

身体を傷つけてはいけない。

とは言われ続けてるが、

逆に言えば

“見えるものは傷つけてはいけない。”

“見えないものなら、形のないものなら、

傷つけても分からない。”

というものだろう。

 

 だからこそ、人はひた隠しにしながら

自らの身体を傷つけ、

私は私のものだと主張するのだろうか?

 

先の見えない不安に

心が、身体が悲鳴をあげる。

 

私は死にたい。

だが、死ねないのだ。

 

自ら死ぬことは 許されない。

誰かを道ずれにしかねない。

守りたいものを、傷つける行為だから。

 

そんな事はどうでもいい。

 

なら、死んでもいい理由は?

 

社会的に必要価値が無いから?

 

それは他者の価値で、私の価値ではない。

それを私に押し付けると言うなら、

それは傲慢と言うべきじゃないだろうか?

 

 

先の見えない不安から解放されたい。

 

死後がどうなってるかすらも分からないのに、“先の見えない不安”と言うのは

些か矛盾してはないだろうか?

 

 

壊れていく恐怖から逃げたい。

これは先の見えない不安と同じ。

 

死ぬ事で、存在の証明をしたい。

存在というものを

自分1人で証明出来るものでもない。

ならばこれは死ななくても別の方法はあるだろう。

 

いつか必ず死ぬから。

じゃ、今死ななくも同じ。

 

はやく死にたい。

この身体が壊れていく恐怖から解放されたい。

他者の価値で私を生かすのか?

私は私の価値で私を殺すのだ。

この体は私のものだと示すために。

 

誰かのリソースでも、公共的身体でもない。

 

 死んでいい理由も、死んだらダメな理由も、

どちらも=じゃ無いのだろうか?

表と裏の様に...

ゴーン・ガール (映画)

女性は策略家。

男はピエロ。もしくは、猿回しの猿。

 

女は真綿でじわじわと締めるような...

男は力で押さえつけるように...

互いを殺そうとする。

 

この作品を見ていると、人が怖くなる。

そして、結婚は互いに首を絞め合う

一種の自殺行為。もしくは、

無理心中?いや、心中の方か...

 

猟奇的、限りなく死に近い何か。

1度踏み込めば戻ってこれない深淵。

麻薬ににも似た何か。

 

そう言えば、

生命は性交渉によって感染する致死性の病。

 だったかな?

誰かがそう言っていたな...。

 

誰だっけ?

忘れてしまった。

 

他にも...ああ、そうだ。

性交渉は本能であり、愛などではない。

という話。

 

愛しているから、

そういう事をしないといけない。

この理屈だと、色々とおかしいのでは?

家族、友人、親戚、とそういう事をしないといけないくなるのでは?

 

規律があるから、出来ない。

じゃ規律が、無ければやるのか?

問題はそこじゃないだろう。

 

愛というものは存在するのか?

という疑問すら出てくる。

本能を愛と称して

行為に望まなければ、それを定義出来ないのか?

 

ああ、また、話が逸れてしまう。

 

冷凍された脳の移植 (記事より)

今後三年以内に

冷凍された脳を移植し、死者蘇生...という記事。

 

まず、脳が生きてても、肉体が滅んでたら意味が無い。

→心臓を人工臓器に変え、脳の移植。

 

もしくは、

肉体そのものを義体化。

(ソースは攻殻機動隊。)

 

だが、この記事を見る限り...出来ても、

ブラックジャックの“ピノコ

の様な存在な気もする。

 

移植した体と、脳が拒絶反応起こしたら

脳は死ぬのでは?

仮に脳と身体が適合しても、

後遺症や、元の人と同じ人格が現れるかは別物だ。

 

人類は滅びるのか。

進化するのか。

 

 

呼吸する事でさえ、税金を取ろうとする今の世の中じゃ

滅びの道を進むしかないだろうな…

戦争してる場合でもない気もする。

 

今の意識の自分は、

死んだら終わりなのだから。

その後は、死者のみぞ知る世界。

 

永遠の命を望むなら...

timeだったかな...?

確か、映画にtimeというのがあったはず。

 

人類が25歳で成長年齢が止まり、

時がお金の変わりという...

 

時間=お金+寿命

という映画。

何故、25歳なのか。

そして、時間が無ければ死ぬということ。

 

時間さえあればいくらでも生き続ける。

千年でも、万年でも、時間の許す限り。

 

この場合、肉体的年齢が25で止まる。

時間により、細胞分裂がかなりゆっくりになる。

テロメアがほぼ末端まで回復する。

テロメア自体がない。

 

物語の様に肉体の治癒力が高い。

(これは、物語の中だから成立する。)

 

今上げたのは、私が思いつく限りの

可能性。

 

誰かの世界への偏見。

 

ユートピア