読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

ヒエラルキー3

 

人が居るかどうかで他者より上かどうか。

そんな事を自慢し、その考えを他者に押し付けるのは傲慢以外の他にならない。

 

仮に、ヒエラルキーが上になるとして、

だからどうしたと言うとのだ?

誰かが居ないと自分の価値を優位、

もしくは上げられないのなら、

それまでの存在で、

それまでの価値しか与えられない。

 

無いに等しい価値を他者で補い、

共に生きるのがおかしいという訳ではない。

 

虎の威を借る狐になるのか、

自分の能力、実力で価値を上げれるのか、

という話だ。

 

ブランドは虎、自身は狐。

他者は虎、自身は狐。

 

ブランド、他者ともにファッション。

 

ブランドは身だしなみ。

(自身にそれだけの価値があるから?

地位にあるから?)

 

言葉を変えただけ。

傍目を見ればすべて同じ。

 

同じ事なのに、それに気づかない。