読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想思考

メモ書き。考察、見解。その他

懐かしいアニメより

デジモンこと、デジタルモンスター

 

近未来的な世界。

デジモンの世界にタイチ達が電子媒体(?)

として、生きている。

そして、デジモンの世界で死ねば

元の世界でも死ぬ。

 

この部分はソードアートと同じ。

 

そこで、電話やメール、電波を飛ばして

文字や言葉を音声として、または画像として表すものについて考えてみた。

 

知識がまだ足りないから間違っている部分もあると思う。

 

電話の仕組みは

音声を電気信号として送っている。

 

ならば、どこでもドアも同じ様な原理で...

肉体を分子、原子、量子、まで分解、

そして電気信号として飛ばして再構築できればと思ったのだが...

 

まず初めに、分解して、再構築した時に

果たして分解する前と後、

全く同じ量子になるかという事だ。

 

まぁ、まず無理だろうな。

密閉容器にでも詰めて運んだならまだしも、

分解して、飛ばしての時点でバラバラになるか、消滅するかしてそうだし。

 

どこでもドアと来れば、タイムマシンだ。

 

The time machine(タイムマシン)という作品がある。

H.G.ウェルズさんの映画にもなった作品だ。

 

そのタイムマシンには、

(肉体が耐えれるかは別として)

膨大な電気エネルギーが必要だ。

今の世の中じゃ、そんなエネルギーを使えば

世界が一斉に停電になるかもしれないな...

 

もし、

タイムマシンで過去に行けたとして、

未来は少しずつ変わるのだろうな。

 

未来からタイムマシンで来なかった世界

(タイムマシンが存在しない世界)

から、来る世界(存在する世界)に。

 

そしたら、映画、トゥモローランドみたいになっているかもしれない。

 

一人の少女の希望によって、

未来が変わるような世界に...。